3MIX法とは?

3MIX法とは?

3MIXとは3種類の薬を混ぜ、歯根の治療や虫歯の治療に使う方法です。

3MIX法は、ムシバ菌を削る量を最小限にとどめ、残ったムシバ菌を薬の力で無菌化するという、新しい治療法です。

神経近くまで進行している虫歯も、神経から離れた所は削りますが、神経近くに残ったムシバ菌には、抗菌剤を塗り(貼薬する)ます。
治癒が早く、特に乳歯には大変有効で、この薬が治療後の歯の内部を無菌に保つので、再発のリスクを下げることができます。

ただし、3MIX治療は全ての治療に対して適用されるものではなく、治療ケースを選びます。
歯も全く削らない訳ではありません。

基本的には患者さんに説明してから使っています。(痛みが出るかもしれないことと、痛みが出たら神経をとる必要があること。)

以前は虫歯が深く神経までつながっているような場合は、神経をとる治療が必要であったものが、この方法を使えば歯の神経の治療をしなくても済むような場合があったり、虫歯を削る量が少なくて済むといった利点があります。

ただ、何が何でも3Mix法というわけではなく、3Mixを使うまでもなく治ると思われる症例が多いことも事実です。

3MIXを使ってもすでに痛みがひどい場合は、神経を取らなければならない症例もあります。

多種多様の薬剤にアレルギーのある患者さんやさらに自費治療となりますので、3MIXの使用に同意を得られなかった患者さんには使用ができません。

3MIX法の長所

①歯を削る量が少なくてすむ
②神経を残せる可能性が増大する
③治療を短時間にすることができるなどの利点があります。

3Mix法により、歯を削ったり神経を取る機会は減りますが、この治療法にも適応と限界があります。

当院では、痛みの程度や虫歯の状態、それぞれの患者様の個人差や感受性などから総合的に判断し3MIX法を行うかどうかを判断します。

3MIX法の使用薬剤について

①3MIXとは3種類の薬剤を混ぜ合わせるという意味ですが、その3種の抗菌剤、抗生物質とは
・Metronidazol(MN :メトロニダゾール,市販薬剤名:フラジール内服薬),
・Minocycline (ミノサイクリン,市販薬剤名:ミノマイシン),
・Cyprofloxacin(CPFX:シプロフロキサシン,市販薬剤名:シプロキサン錠)です。
Metoronidazoleは深部う蝕象牙質中に多く存在する偏性嫌気性菌に、MinocyclineとCiprofloxacinは通性嫌気性菌や好気性菌に対して有効であるといわれています。

無料メール相談 1日5名様限定!!メールのご相談はこちら
歯に関するいろいろな疑問・ご相談など、聞きにくいことでも何でもメールしてくださいね!お待ちしています!

横浜市大倉山の歯科医院 あらや歯科医院

美容歯科|ホワイトニング
〒222-0031 神奈川県横浜市港北区大倉山7-11-11 大倉山リバーサイド101
診察時間/【月、水、金】AM10:30~PM1:00・PM3:00~PM10:00【火、木、土】PM5:00まで

休診日/日曜日・祝祭日

ホーム院長ブログNEWSインプラント医院案内アクセス無料メール相談!!