横浜の歯科ならあらや歯科 ホーム > 痛くない麻酔注射とは?

痛くない麻酔注射とは?

痛くない麻酔注射とは?

表面麻酔

この薬を塗って針を刺す場所の歯肉の表面の知覚を麻痺させることにより針を刺す痛みを軽減することができます。

極力細い針を使う

麻酔に使用する針の太さ(直径)は「G」という単位で表現します
通常よく使われる針の太さは27G(0.40mm)や30G(0.30mm)です
この理由は手動の注射器では、これ以上細い針を使うと抵抗が強すぎて麻酔薬を押し出すことができないからです。
しかし刺す痛みを抑えるためにはより細い針のほうがいいのは言うまでもありません。
現在最も細い針33G(0.26mm)を使用するためには機械式の注射器を使う必要があります。当医院では、電動麻酔により、ほとんど、この針を使用しています。

テクニック

針を刺すときの痛みは歯茎の表面だけではありません。
骨の表面に「骨膜」があり、むしろこちらのほうが痛みを強く感じます。
一気に刺すのではなく浅くゆっくり刺し、骨膜上でゆっくりと液を注入しこれを麻痺させてから深く注入することが大切です。

麻酔薬注入時の速度

麻酔注入時一気に麻酔を注入すると急激に骨膜の剥離や組織の膨張が起こるため痛みを感じやすいのです。
できるだけゆっくりに一定の速度で注入するのが望ましいです。
手動注射器は速度にむらがでやすいので機械式注射器のほうが痛みは少ないと考えられています。

麻酔薬の温度

麻酔注射時も麻酔薬の温度が体温と差があるとそれが刺激になり痛みを感じます。
体温と同じくらいに麻酔薬を暖めることにより、この刺激をなくすことができます。
当医院では、麻酔薬カートリッジウォーマーを使用して、麻酔薬カートリッジを体温と同じ温度に暖め保温することでこれによる痛みを軽減しています。

無料メール相談 1日5名様限定!!メールのご相談はこちら
歯に関するいろいろな疑問・ご相談など、聞きにくいことでも何でもメールしてくださいね!お待ちしています!

横浜市大倉山の歯科医院 あらや歯科医院

美容歯科|ホワイトニング
〒222-0031 神奈川県横浜市港北区大倉山7-11-11 大倉山リバーサイド101
診察時間/【月、水、金】AM10:30~PM1:00・PM3:00~PM10:00【火、木、土】PM5:00まで

休診日/日曜日・祝祭日

ホーム院長ブログNEWSインプラント医院案内アクセス無料メール相談!!