横浜の歯科ならあらや歯科 ホーム > 笑気吸入鎮静法とは?

笑気吸入鎮静法とは?

笑気吸入鎮静法とは?

恐怖や不安から患者さんを解放させるもとして、長い歯科医療の歴史のなかで確立された療法です。

患者さんに「歯医者はきらいですか」と聞くとほぼ100%「はい」と返ってきます。
昨今の歯科臨床技術はめまぐるしく発展していますが、この状態は昔からほとんど変わらないままです。

確かに診療室の雰囲気は独特であり、子どもや恐怖心の強い患者さんでなくても歯科治療に対しては「嫌だな」という思いがあります。

この歯科治療の恐怖や不安から患者さんを解放させるものとして、長い医療の歴史のなかで確立されてきたものが、笑気吸入鎮静法です。

笑気は誰もが持つ「嫌だな」という気持ちをやわらげることができます。
方法は、マスクを使って笑気ガスを吸うだけです。非常に簡単な装置でいつでも患者さん自身ではずすことができます。

笑気吸入鎮静法を用いることで、歯科治療に対して「好き」とはいかないまでも「嫌い」と言われなくなれば、多くの人々は自分の健康のために、素直に歯科医院へ通うようになるでしょう。

歯科医院を訪れる内科的慢性疾患を持った患者さんのほとんどは、通常の生活ではあまり症状を現しません。

しかし、なんらかのストレスや負荷が加わったときに急性症状が出現し、病状の悪化をもたらします。
患者さんがこのような状況に至るのを未然に防ぐためには、歯科治療中における患者さんの精神と肉体の安静を保障する事が第一です。

精神鎮静法は患者さんをストレスから守り、精神を安静にさせる事によって、このような偶発症の発生を防止するのに非常に有効です。

また、慢性疾患を持つ患者さんはその疾患の治療を優先するために、やむを得ず歯科疾患を放置する傾向にあります。
そうなると当然歯科疾患は重症化し、治療に際しては外科的侵襲を加えざるをえないケースが多くみられます。

この場合はまさに精神鎮静法の適応であり、積極的に使用することで安全な歯科治療を提供します。

精神鎮静薬は中枢神経の機能を抑制しますが、呼吸、循環、反射機能を抑制することはなく、あくまで患者さんの意識は保たれた状態にあります。
思考に関しては、その統合が困難になり、そのことが恐怖心をつくれなくします。

そこで患者さんは恐怖心や不快感といった精神的ストレスから開放され、穏やかな表情を呈し、リラックスした状態になります。
目は半眼状態で、呼びかければ開眼し、開口や咬合などの指示に従うことができます。

局所麻酔などの疼痛刺激に対しては、鎮静によって疼痛閾値が上昇しており、患者さんの感じる痛みは比較的経度に抑えられます。

また、時間の経過をあまり気にしなくなり、治療時間が長くなっても治療を受け入れる事ができます。

使用する薬剤によっては健忘効果を有するものがあり、これは治療における痛みや不快感、疲労感を治療後には忘れさせてしまいます。

実際に患者さんが経験する状況としては、おおむねお酒を飲んだときのほろ酔い気分に似た多幸感があります。
こうして患者さんの協力を得て、治療を円滑かつ安全に行うことができます。

ご希望の方は、いつでもおっしゃってください。準備万端整えてお待ちいたしております。

無料メール相談 1日5名様限定!!メールのご相談はこちら
歯に関するいろいろな疑問・ご相談など、聞きにくいことでも何でもメールしてくださいね!お待ちしています!

横浜市大倉山の歯科医院 あらや歯科医院

美容歯科|ホワイトニング
〒222-0031 神奈川県横浜市港北区大倉山7-11-11 大倉山リバーサイド101
診察時間/【月、水、金】AM10:30~PM1:00・PM3:00~PM10:00【火、木、土】PM5:00まで

休診日/日曜日・祝祭日

ホーム院長ブログNEWSインプラント医院案内アクセス無料メール相談!!