横浜の歯科ならあらや歯科 ホーム > ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは?

歯が黄色い、歯の色が気になる、このような歯の色に対する悩みは多々あると思います。従来歯を白くするためには、歯を削って覆い隠す方法が一般的でした。

しかし、この方法は歯にとって非常に負担をかけるため、最近では歯に負担をかけずに歯を白くする(ホワイトニング)が、経済的負担も少なく最良の方法になってきています。

欧米では変色歯の治療だけではなくエステティックまで、このホワイトニングが取り入れられています。
ではどうして歯が黄色くなったり茶色くなったりするのでしょうか?原因は大きく分けて3つあります。

その1 歯の表面の着色

いわゆる茶渋と呼ばれている食品などに含まれる色素が歯の表面に沈着して歯の色が変色する事があります。タバコを吸われる方はヤニが付きます。
これらのもので、一度ついた着色は普段のお手入れでは取れなくなります。
この歯の表面の着色であればホワイトニングを受けなくても歯科医院での専門的な歯のクリーニング(PMTC)でキレイにすることができます。

その2 加齢による変色

悲しい事に年を重ねるごとに歯の色は黄ばみを増してきます。また生まれつき歯が黄色い方もいらっしゃいます。
この加齢による黄ばみや生まれつきの黄色い歯は表面から変色が進んでいる場合が多いので、歯のホワイトニングでとても効果的に白くすることができます。

その3 薬剤などの影響で深部からの変色

歯の変色の原因が薬剤や外傷や病気による場合は深部から変色している事が多いです。有名な薬剤にテトラサイクリンがあげられます。
このテトラサイクリンは抗生物質なのですが昭和40年代によく処方されていました。

あなたが小さい時もしくはあなたのお母様が妊娠中にこの薬剤を大量に服用すると歯が茶色や黒く変色したり横縞が目立つ変色になる場合があります。また外傷などで歯の神経を取った歯の変色も内部からの変色のため、通常の歯のホワイトニングでは効果が出しにくいことが多いです。

前歯6本セラミックで修復し(色はA1)、その色に合わせて3回のオフィスホワイトニングを行いました。

なぜホワイトニングで歯が白くなるのでしょうか?

1. 歯にホワイトニングジェルをぬることにより酸素が発生します。

2. 酸素が色素を無色に分解します。

3. そして歯が白くなります。

ホワイトニングの具体的方法

歯科医院で行う歯のホワイトニングは「ホームホワイトニング」と「オフィースホワイトニング」に分けられます。
またこの2つを同時におこなうデュアルホワイトニングがあります。

上顎の1回のオフィスホワイトニングを行いました。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、ご自宅であなた自身に行ってもらうホワイトニング法です。まずあなたの歯の精密な型をとります。
この型は模型にされて、その模型を基にあなた専用のホワイトニングトレー(カスタムトレー)が作製されます。

このカスタムトレーはソフトなタイプですので縁が歯肉や舌に当たっても痛みを感じることは少ないです。そして自宅でこのカスタムトレーの中に過酸化尿素をベースにしたホワイトニング剤を入れ、それをあなたは1回30分~2時間程度歯につけてもらうだけでいいのです。

所定の時間、ホワイトニング剤をつけたカスタムトレーを歯に装着してもらった後は、トレーを外し、歯とトレーを歯ブラシを使ってきれいに水洗いしてもらいます。

これを1日に1~2回のペースで2~3週間続けてもらい、あなたの歯をゆっくりとじんわりと白くしてゆくのがホームホワイトニングです。

ホワイトニング剤には種類があり、各々使用法、装着時間等異なりますので歯科医師の指示には必ず従うことが大切です。

オフィースホワイトニング

あなたが、ご自宅でカスタムトレーを使って行なうのがホームホワイトニングであれば、診療室内で歯科医師が行なうホワイトニングがオフィースホワイトニングです。

ホームホワイトニングが比較的マイルドな過酸化尿素という薬剤を使うのに対して、オフィースホワイトニングは過酸化水素という少しきつめの薬剤を一般に使用します。
この過酸化水素をベースにした薬剤は指や唇、歯肉につくと白くなり痛みを感じますので注意してください。

歯科医院ではあなたの唇に保護剤をぬった後、歯と接する歯肉の部分にはファーストダムと呼ばれるマスキング剤を使って薬剤が歯肉につかない様に保護します。

その後、オフィースホワイトニング専用のホワイトニング剤を2mm程度歯の表面に塗りつけてレーザーやLEDという専用のライトソースを使用して、ホワイトニング剤を活性化させ効果を高めます。(第4世代のホワイトニング剤では、レーザーやLEDも必要がなくなっています。)

所定の時間レーザーやLEDを当てた後はホワイトニング剤をきれいにふきとり水洗いします。
1回の所要時間が20分~30分、これを2~3回繰り返しますので、約40分~90分間の治療時間が必要です。

また、第4世代のパワーブリーチングと呼ばれる、特別なレーザーやLEDの高額な機械を必要としないオフィースホワイトニング剤もアメリカでは次々と発表されています。

ここまであなたにホームホワイトニングとオフィースホワイトニングについてそれぞれ説明してきました。
どちらが優れているという事ではなくて、それぞれにメリットとデメリットがあるという事をご理解ください。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングの後にホームホワイトニングを行う方法で、非常に効果が期待できる方法です。
この方法をとることが、歯の白さが、十分に満足できるものになるとことと思います。

患者さんのほとんどは「今より1~2段階(色見本で)白くなれば満足です」「ほんの少し白くなれば満足です」と言われますが、実際に希望どおりかまたは、希望より少し白くなったとしても、鏡を見て満足ですと言われる方は非常に少ないのが現状です。

白と言う色は人間の目には非常にあいまいで、実際に自分の歯が白くなったと言う実感が今一歩沸いてこないためであると思います。

私はやはり白くなったと満足できるものがお金を払う以上必要であると思います。
結果的には少々高い金額でもデュアルホワイトニングを選ばれることが満足される可能性が高くなると思います。

無料メール相談 1日5名様限定!!メールのご相談はこちら
歯に関するいろいろな疑問・ご相談など、聞きにくいことでも何でもメールしてくださいね!お待ちしています!

横浜市大倉山の歯科医院 あらや歯科医院

美容歯科|ホワイトニング
〒222-0031 神奈川県横浜市港北区大倉山7-11-11 大倉山リバーサイド101
診察時間/【月、水、金】AM10:30~PM1:00・PM3:00~PM10:00【火、木、土】PM5:00まで

休診日/日曜日・祝祭日

ホーム院長ブログNEWSインプラント医院案内アクセス無料メール相談!!